エコリサイクルセンター香川

お問い合わせはコチラ

冷蔵庫・冷凍庫の処分方法7個(無料・有料)廃棄回収してもらえる?サービス紹介

冷蔵庫・冷凍庫の処分方法7個(無料・有料)廃棄回収してもらえる?

冷凍庫や冷蔵庫のような家電製品は、引っ越しや住み替えとなりますと、数多くの人が処分に悩むことでしょう。家電製品の中でもこれらの商品については、粗大ごみNG。それでは廃棄はどのようにすればよいのか?という話になると、ほとんどの方が迷ってしまいます。

使用しない冷蔵庫や冷凍庫について、リーズナブルに廃棄するやり方や、リサイクルに出す方法、手をかけずに廃棄できる手段などについて、くわしくご説明します。

冷蔵庫・冷凍庫はそのままゴミ出しできる?

多くの方が理解されていることですが、冷蔵庫・冷凍庫については、一般のゴミとしては処分できません。市区町村で行っています集積所への持ち込みや粗大ゴミ回収についても、NO!というルールになっています。

掃除機や炊飯ジャーのような一般的な商品に関しては、それぞれの自治体が行っています、不燃・粗大ゴミとして処理可能です。冷蔵庫・冷凍庫、エアーコンディショナー、TV、洗濯機・乾燥機という家電製品は、家電リサイクル法で、かならずリサイクルにと決まっているのです。

ミレニアムで世の中が湧いた翌年の2001年に、家電リサイクル法が施行されました。不要となった家電をごみとして埋め立て地に埋めることを避けるために、メーカーと所有者がタッグを組んで家電を収集し、メーカー側が部品をできるだけ再利用するという仕組みです。

冷蔵庫・冷凍庫の無料処分方法4個

リサイクル料金は不要となった冷蔵庫や冷凍庫の処分の場合、必須だと考えられていますが、実際は、お金をかけずにやる方法もあります。

①状態の良い冷蔵庫・冷凍庫はお店で売る

冷蔵庫や冷凍庫が使える状態のものであれば、不用品の回収業者や中古家電販売店、リサイクルショップで引き取ってもらうこともできます。家電回収の業者や販売店に家電を引き取ってもらう際は、当たり前ですがリサイクル料金はかかりません。

購入より5~7年ほどの商品であれば、中古家電として買い取りをお願いしてみましょう。できるだけ新しい状態の方がベストですので、不要になったら迅速に査定を依頼しましょう。大型の家電となりますから、自分自身で持込をして査定を頼むのは大変です。わざわざ持って行かなくても出張査定やメール・LINE査定など便利なサービスがありますから、活用すると良いでしょう。

当社エコリサイクルセンターでは高額買取も行っていますので、ぜひご利用ください。

②ネットフリマサイトで売る

フリマサイトやネットオークションでは、コンディションに不安があったり、製造から7年以上経過してしまっている商品でも売ることが可能です。冷蔵庫は大型製品だけに、配送費用が落札金額を超過してしまう場合が多いです。配送手段や配送費用などを、あらかじめしっかりと調査しておきましょう。

③購入店舗で下取りしてもらう

ネットショップや家電ショップ、販売ショップにより異なりますが、冷蔵庫や冷凍庫を新規で購入するとき、処分希望の方の製品を下取り処分してもらえるショップもあります。

製造日より5年~7年以内の家電製品であれば、冷蔵庫や冷凍庫が動かない状況でも問題ありません。下取りの方法は、下取り分をポイント還元したり、千円~三千円程で査定して引き取りしたり、引き取り家電一台ごとに1万円お値引きという感じで、店舗ごとに違いがあります。できるかぎり高値の引き取り査定を希望するなら、いくつかの店舗で査定を出してもらうようにすることをおすすめします。

④知り合いに譲る

使用可能な家電であればの話ですが、一番手軽な方法は無料で友達や知人にあげてしまうというものです。先方の設置場所にサイズなど問題がなさそうか、冷蔵庫や冷凍庫の運搬方法などについて、話し合いを事前に行っておきましょう。

冷蔵庫・冷凍庫の有料処分方法3個

冷蔵庫および冷凍庫は、リサイクルが基本的な処分方法となります。リサイクルについては、家電量販店や回収業者に依頼をするほか、リサイクルの手続きをご自身で実施することもできます。

メーカー次第ですこし異なるものではあるのですが、冷蔵庫・冷凍庫のリサイクル処分費の目安はおおよそ、次のようになります。
・170リットル以下 3,400円+税
・170リットル以上 4,300円+税
リサイクルにかかる費用についてですが、処分を販売店や回収業者に頼む場合、リサイクル料金に追加で、運搬手数料や処理手数料が上乗せされます。

①自分でリサイクルを行う

家電リサイクル券の手続きを郵便局で行い、おのおのの地域で決められている所に冷蔵庫や冷凍庫を持込するのであれば、郵便局の振込手数料+リサイクル料金だけでリサイクル可能です。

メーカーと大きさに関しては、家電の本体裏側に記載してありますので確認し、郵便局・ゆうちょ銀行でリサイクルの費用を振り込み処理します。そのあとは、自分で家電を運ばなければなりません。自治体が指定しているところがありますのでそこに、処分する冷蔵庫や冷凍庫を運搬しましょう。

②不用品回収業者にリサイクルを依頼する

冷蔵庫や冷凍庫の処分は、回収業者や量販店にお願いするのが楽です。大型家電だけに、ご本人が手続きや運搬をするのはとても大変です。冷蔵庫などを運ぶ手段がないとか、郵便局に行く時間がないという方にも、業者に依頼する方法であれば家からの搬出から、フルで任せられるので安心です。手数料や回収や搬送に必要な料金、業者の出張料金が、リサイクル費用以外にかかります。

地域最安値水準で依頼するなら当社をぜひご利用ください。

③販売店の有料リサイクルを利用する

冷蔵庫や冷凍庫を、小売店やネット通販および家電量販店などで新調する際に、使わなくなった家電を回収・処分するサービスを行っているお店もあります。回収についての具体的なルールは、各々のお店ごとに異なります。先もってリサイクル券を購入する必要があるケースもあります。

当社の出張回収をぜひご利用ください

すぐに回収してもらいたい、家からの運び出しもお願いしたい、そんな要望にお応えします。最短で即日対応!無料お見積りが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらのページです。


通話料無料!電話ですぐに概算見積もり可能
最安値水準!他社より高い場合はご相談下さい!

0120-456-401 LINE問合せ