エコリサイクルセンター香川

お問い合わせはコチラ

洗濯機・衣類乾燥機の処分方法7個(無料・有料)廃棄回収してもらえる?サービス紹介

洗濯機・衣類乾燥機の処分方法7個(無料・有料)廃棄回収してもらえる?

一般家庭の家電の中で、大半の家にある商品が洗濯機でしょう。衣類乾燥機についても、ご家族がお忙しいお宅には多く存在しています。日々使用する家電ゆえに、買替のローテーションが早い家電です。洗濯機や衣類乾燥機の買い替えの際、既存製品の廃棄は、皆様どうされていますか?

洗濯機や衣類乾燥機のリサイクル処分に関して、結構知らない方がいるようです。こちらでは安価で処分できるアイディアもご一緒に、ご案内いたします。

洗濯機・衣類乾燥機はそのままゴミ出しできる?

洗濯機や衣類乾燥機を捨てるとなりましたら、一昔前までは粗大ゴミで捨てることが可能でした。しかしそれは昔のはなしでして、今の時代は普通にゴミとして廃棄することができません。

2001年に家電リサイクル法という今現在の法律が、日本国によって決められたのが理由です。回収を製造メーカー・所有者が協力して行い、家電部品のリサイクルして、埋立て対象のごみを減らすのが、この法律の目的です。これは、地球環境・限られた資源を守るために施行されました。

これにより、以前は一般的な粗大ゴミとして収集して埋立てしていた製品でしたが、リサイクルできる部品が多く含まれる4品については、リサイクル法の対象製品と決まりました。リサイクル対象家電四品目の一つに洗濯機・衣類乾燥機が指定されているので、法律通りに、廃棄しなければならなくなりました。

洗濯機・衣類乾燥機の無料処分方法4個

洗濯機や衣料乾燥機が不要になった際、リサイクルが決まりです。しかし状態が新品同様、使った頻度が低い、十分使用できる洗濯機や衣料乾燥機に関しては、買取・下取に出してみましょう。リサイクル廃棄となるとお金の負担が出てきますが、買い取りや下取りならば、上手くいけばお金をいただける場合もあります。

①まだ新しい洗濯機・衣類乾燥機は売れる

数多くの中古家電販売店やリサイクル店にて、中古洗濯機などの買取・引取を行っています。買取・引取の際、家電年数の目安は、製造年度から約五年ぐらいとなっています。

もし新品購入より5年以上経過していても、ほどんど使っていなかったり、コンディションがOKということであれば、買い取ってもらえるケースもあります。査定のときにでも、質問してみてください。買取の金額自体は0円であっても、無料の回収なら大丈夫という場合もあるので、質問するだけしてみましょう。回収・配送料金・リサイクルに必要な料金・取り外しに必要な工賃など、すべてこみの買い取り査定額について、確認しましょう。

当社エコリサイクルセンターでは高額買取も行っていますので、ぜひご利用ください。

②販売店で下取りしてもらう

家電を手に入れる時に家電量販店、小売店、オンラインショップを利用しますと、既存の家電を、下取りしてくれる可能性もあるのです。下取りについては、すべての店舗に義務付けられているものではないので、購入時に下取りをしているかを確認しましょう。

購入を考えている洗濯機の金額よりお値引き、またはショップのポイント還元という方法が多いです。もし下取り金額がつかなくても、回収に関しては無料で行ってくれるショップも。リサイクル料金を自分で手出しすることを考慮すれば、お得に処分可能です。

③ネットフリマ、オークションで売る

洗濯機および衣類乾燥機の処分ですが、まだまだ使うことが可能な状態のものとなると躊躇しますよね。古い洗濯機および衣類乾燥機のケースですと買取は出来ないことが一般的ですが、フリマアプリやインターネットオークションなら出品できます。

商品の梱包が宅配便の場合必須。しかし洗濯機は大きすぎて、梱包するのは大変なことです。このケースの場合、らくらく家財宅急便が良いでしょう。梱包は専用カバーを使って、運んでいただけるサービスです。

④必要な人に無料で譲る

必要な方へ差し上げるという手段が、使用しなくなった洗濯機および衣類乾燥機の廃棄としては、手軽かつ簡単です。知り合いに尋ねてみて該当者がいないときは、地域掲示板のようなサービスを活用して、希望者を探すというのも一つの方法です。受け渡しのやり方をについて、行き違いがないよう、先もって確認しておきましょう。

洗濯機・衣類乾燥機の有料処分方法3個

不用品の洗濯機・衣類乾燥機を処理については、リサイクルがマストです。
¥2300+税金のリサイクル費用という製造元が、一般的となっています。

①買い替え時にリサイクルを依頼する

ほとんどの家電ショップ・小売りショップで、洗濯機や衣類乾燥機購入時に、廃棄製品のリサイクル回収サービスを行っています。新調した洗濯機・衣類乾燥機の方を運搬・設置してくれる時に一緒に、廃棄する家電を搬出・処分してもらえますので便利です。

作業費や回収・運搬に必要な手数料などが、通常はリサイクル料金に加算されます。リサイクル券の購入をあらかじめ行うのかなどは、ショップに聞いてみましょう。

②民間の不用品回収業者にリサイクルを依頼する

家電を使わなくなり処分のみのケースは、業者に連絡をして回収・処分してもらう方法が便利です。大型家電となると運び出すのが一苦労です。また、ダクトから外して壁穴を塞がなければならないガスの衣類乾燥機は、自分自身で処分するのは難しいです。業者に依頼するのがオススメです。通常、リサイクル費用にプラス、取り外し・回収・運搬・出張料金がかかるものです。業者に頼む際は、事前見積もりを依頼しましょう。

地域最安値水準で依頼するなら当社をぜひご利用ください。

③自分でリサイクルする方法

リサイクル料金だけで処分したいなら、全部自身で手続きです。郵便局でリサイクル券を手に入れて、そのあと家電を取り外して地域で指定の引取場所に運搬します。最安処分の方法です。

当社の出張回収をぜひご利用ください

すぐに回収してもらいたい、家からの運び出しもお願いしたい、そんな要望にお応えします。最短で即日対応!無料お見積りが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらのページです。


通話料無料!電話ですぐに概算見積もり可能
最安値水準!他社より高い場合はご相談下さい!

0120-456-401 LINE問合せ